サンプルアイチャッチ

ひとつ一つの軌跡が着実にカタチとなっていく

半世紀近くに渡り、日本と中国の文化の交流を図りながら、人・物・文化の流通をお手伝いして参りました。その中で出合ったたくさんの人たちの深い絆がこれから先の道を拓いていくことと思います。

南海貿易の歴史 その2

  • 1990年3月(平成2年)
  • 南海貿易株式会社、第二代代表取締役に内田信光就任。

  • 1996年2月(平成8年)
  • 初代代表取締役、陳禧官氏逝去。

  • 1999年(平成11年)
  • 貿易協会理事として、上海、大連にて鹿児島県知事らと経済ミッションに参加。

  • 2001年(平成13年)
  • 第6回世界華僑大会に招待される。世界各国の華僑(約3,000名)が南京に集い、朱鎔基総理も出席して盛大に行われた(日本よりの招待者は約20名)。

  • 2002年4月(平成14年)
  • 中国全国人民代表委員長李鵬(副総理)夫婦一向来鹿時、代表として面談。

  • 2003年10月(平成15年)
  • 鹿児島市内にて「ホテル東横イン」オープン。ホテル事業を本格的にスタートする。

  • 2005年(平成17年)
  • 新幹線開通に伴い、中央駅西口にて南海貿易センタービル(№2)のオープンに関しての再開発準備にはいる。